離婚したくない場合

未分類

パートナーが結婚しているにもかかわらず浮気をしていることが分かった場合、簡単に離婚することができないという人が多いです。特に子供がいる家庭では親権や養育費など大きな問題になります。そのため離婚を思い止める人が多いです。離婚したくないにとって浮気の事実を確認することはつらいことかもしれません。しかし浮気調査をすることは離婚を阻止するための手段としても使用することができます。

なぜなら浮気が発覚した場合、浮気された側から離婚を切りだすイメージがあるでしょう。しかしそのパターンだけではなく、離婚した側が人生の再スタートをしたといって離婚を切り出す場合があります。浮気が知らないうちに本気になってしまう可能性もあるということです。浮気した側から浮気以外の性格の不一致などで離婚を求められる場合があります。しかし離婚の原因を作った側からの離婚請求に関しては拒否することが可能です。そのためには浮気をしているという証拠が法的に大きな効果をもたらします。法的な効果が得られる証拠を確保するためには探偵事務所などプロに依頼することが大事です。自分では証拠と思っているものでも法的に認められないものはたくさんあります。そのため離婚したくない場合でも、浮気調査はとても大事です。

離婚したい場合

未分類

パートナーの浮気が発覚した時、あなたはどのように思いますか。浮気をされたことに対してショックな気持ち、怒り、相手に対する失望感などいろんな感情が生まれてくるでしょう。そして浮気をした相手に対して今後どのような関係を望むのか人によって考え方が異なります。浮気を許して一緒に暮らし続けるのか、許すことができず別れを選択するのかどちらかになります。

そこで浮気が分かった時に離婚をしたいと思った人にとって、確実な証拠を確保することが大事です。なぜなら証拠がなければ単なる疑いで終わってしまい、相手の言い方次第ではうやむやになってしまいます。それだけなく相手が浮気を疑っていることがばれてしまうことで、行動が慎重になり浮気の証拠をつかみにくくなってしまいます。そこで離婚したい場合には浮気調査の依頼がおすすめです。法的な証拠として十分な書類をしっかり押さえてもらうことができます。証拠となる写真や動画などを得るだけでなく、報告書までしっかりと作成してもらうことができます。不貞行為までの時間系列が明確に記されているので全くいいのがれすることができません。相手側の氏名や住所なども抑えることができるため、パートナーだけでなく浮気相手にも同時に慰謝料の請求を行うことができます。

浮気調査の意味

未分類

今恋人や結婚相手の浮気に悩む人が増えています。恋人であれば浮気をしただけでもう別れを決める人もいれば、別れられず悩む人もいます。特に既婚者に関しては婚姻届けを提出しています。もし別々の人生を歩むのであれば離婚届を提出することになります。離婚届けを出して苗字が変えなくてはいけない側は、役所や銀行などいろんなところで手続きをしなくてはいけません。そのため思っている以上に簡単なことでありません。子供がいれば子供が成長するまでの間、養育費などの問題で別れた後も接点を持つ場合もあります。

浮気をされているのかもと感じたときにまず、衝動的になるのではなく今後の自分の人生をどうしたいのかと考える必要があります。パートナーと共に過ごしたいのか、別の人生を歩むのかによって、対策が異なるからです。浮気を白黒させたうえで人生の転機を考えているときに浮気調査は有効な手段だといえます。
浮気調査は探偵事務所や興信所を通じて行うことが一般的です。

外部サイト[浮気調査なら大阪・東京を含め全国対応の安い探偵興信所へ
→法律の専門家との提携もあり、離婚の相談も可能な探偵事務所です。

法的に有効な証拠をしっかりと押さえてもらうことができるため、裁判所などでも有効です。また多くの調査を受けている実績もあるため、どのようなケースは慰謝料として受け取ることができるのかなど様々な点でアドバイスをもらうことができます。浮気調査の結果自分がどうしたいのかによって浮気調査の効果が異なるため、自分の気持ちをしっかり見つめなおしてから依頼するといいでしょう。方向性が定まっていれば、探偵事務所でもいろんな相談に乗ってもらうことができます。

アーカイブ

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31