離婚したくない場合

二人でパートナーが結婚しているにもかかわらず浮気をしていることが分かった場合、簡単に離婚することができないという人が多いです。特に子供がいる家庭では親権や養育費など大きな問題になります。そのため離婚を思い止める人が多いです。離婚したくないにとって浮気の事実を確認することはつらいことかもしれません。しかし浮気調査をすることは離婚を阻止するための手段としても使用することができます

なぜなら浮気が発覚した場合、浮気された側から離婚を切りだすイメージがあるでしょう。しかしそのパターンだけではなく、離婚した側が人生の再スタートをしたといって離婚を切り出す場合があります。浮気が知らないうちに本気になってしまう可能性もあるということです。浮気した側から浮気以外の性格の不一致などで離婚を求められる場合があります。しかし離婚の原因を作った側からの離婚請求に関しては拒否することが可能です。そのためには浮気をしているという証拠が法的に大きな効果をもたらします。法的な効果が得られる証拠を確保するためには探偵事務所などプロに依頼することが大事です。自分では証拠と思っているものでも法的に認められないものはたくさんあります。そのため離婚したくない場合でも、浮気調査はとても大事です。